「沢田研二」という生き方

2017/04/15
7.jpg

遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます(笑)
またまた何か月も更新をさぼってしまいました💦

久しぶりの更新は音楽カテです。
音楽で好きだった日本のアーチストを挙げてみると、
岡林信康、吉田拓郎、中島みゆき、矢沢永吉、荒木一郎、さだまさし、等々・・・
やはり新しい道を切り開いた人達の名前が出てくるのですが、
この人達以上に新しいことへの挑戦を続けたという意味でも、
飛び抜けていたスーパースターがジュリーこと沢田研二です。
今はもうテレビにはほぼ出ないため、知らない方もいると思います。

この沢田研二が今でも唄っている、というようなことを聞いたので、調べてみました。
で、上の画像が最近の姿である訳ですが、
ヒット曲を連発していた頃しか知らない人には外見の劣化ぶりが衝撃的のようです。
「かっこいい」というより、男ながら「美しい」と表現された容姿は微塵もなく、
平日に公園かショッピングセンターを散歩しているジジイですね(笑)

吉田拓郎がまだ広島でアマチュアバンドをやっていた頃から
既にスターになっていた沢田研二には注目していたらしく、
この二人の対談の中で
吉田拓郎は一人では食事にも行けないし何もできない、と言っているのに対して、
沢田研二は一人でSuicaを持って電車に乗り、ATMを使いこなし、
味噌汁をつくり、誰もあの「ジュリー」だと気付かない、というのには爆笑です。

一時期政治に傾き、客席に向かって暴言をはいたり、
最近では歌の途中で歌詞を忘れて客席に向かって土下座をしたり・・・
ライブでは過去のヒット曲を歌わないということが報じられていましたが、
それは今も活動している、ということです。

今でも昔と同じように一年も欠かさず全国ツアーをやり、
毎年何万人もの人を動員しているということで、
声も昔のままでまったく衰えていません。
今でも唄っている、という意味は、過去のヒット曲を歌う懐メロ歌手ではなく、
現役のロックシンガーだということです。

前出の内館牧子「終わった人」ならぬ「終われない人」ですね。
ただの太ったジジイではなかったということです。
広い意味で同じアーチストとしてこうなりたいものです。
スポンサーサイト
comment (0) @ 音楽

終わった人(内館牧子)

2016/12/28

51RXZeq-iiL.jpg

2015年9月15日、第一刷発行の比較的新しい本です。
内館牧子の小説は文章のテンポが昔から好きで何冊かは読んでいますが、
これはその中でも一番面白かった本です。

ただ、レビューを見ると、例えばベストセラーになっている「定年後のリアル」では、
ほとんどの方が、そこそこ良い評価をしているのに対し、
この本は非常に良いという評価と、そうではない評価とに2分されるようです。
良い評価をしない理由は、主人公の田代壮介が東大卒で、メガバンクの本社勤務の出世頭であり、
一億円を軽く超える老後資金がある、という設定が現実離れしている、ということのようです。

大体、このような“定年本”は、定年になって会社を辞めてから不安となる、
「生きがい」「健康」「老後資金」の三大問題に対する解決策を示す本が多いと思います。
しかし、そのような視点で読むとこの本には裏切られ、
後半ではどんどん暗い気持ちになってしまいます。(笑)

「定年って生前葬だな。俺は専務取締役室で、机の置時計を見ながらそう思った。
あと20分で終業のチャイムが鳴る。それと同時に、俺の40年にわたるサラリーマン人生が終わる。
63歳、定年だ。」
という文章で話は始まりますが、
実は、この主人公は「終わった人」ではなく、「終われない人」だったのです。

私は「定年」とは少し違いましたが、
主人公と同じ年齢でサラリーマン人生を終えたということもあり、
非常に共感できるところが多く、面白い本でした。

読み終えてから気付いたのですが、
この本の発行者は中学卒業以来一度も逢っていない同窓生でした・・・
comment (0) @ 私が読んだ本

インフェルノ

2016/11/14

SAKUHIN013213_1.jpg
「今、このスイッチを押せば人類の半分が死ぬ。しかし、押さなければ人類は100年後に滅びる。全てはお前次第だ―」
という言葉につられて「インフェルノ」を観てしまいました(笑)
トム・ハンクスの「ダヴィンチコード」、「天使と悪魔」に続くヨーロッパを股にかけた大作です。

私は長年クルマのスイッチの開発をやって来ましたが、
スイッチの開発で一番大切なことは、「誤操作し難い」ことです。
正にこの映画に出てくるスイッチは絶対に誤操作してはいけないモノですね。

しかし、近年の世界人口の増加は僅か50年で2倍になるような凄いスピードであり、
現在生存している人類は、過去6000年間に存在した人類の20%にあたるということです。
何も対策しなければ、20万年続いた人類の歴史があと100年で終焉を迎える、
というのも必ずしも否定できないのではと思ってしまいます。
comment (0) @ 映画

マネーの虎

2016/11/06
「マネーの虎」というテレビ番組をご存知でしょうか?
吉田栄作が司会を務め、2001年10月から2004年3月まで放送された日テレの番組で、
既に放送終了から12年が経っていますが、
深夜の放送にもかかわらず視聴率7%を獲得していた人気番組でした。

下の画像、番組中で「虎」と呼ばれる実業家の一人で、20歳で起業した、(株)商業芸術の貞廣一鑑社長ですが、
この番組を象徴しているような一場面です。

912a956a218fd49a8283d9a38ed3135fc78acac41460399601.jpg

私は今でもあまりテレビは見ない方ですが、
この番組が放送されていた10~20年ぐらい前は全くと言っていいほどテレビを見なかったので、
実はこの「マネーの虎」はリアルタイムでは一度も見たことないばかりか、
こんな番組があったことさえ知りませんでした。
で、最近たまたま見つけたのですが、その面白さに思わず見入ってしまい、
ネットで見ることができる、当時のダイジェスト版を一週間ぐらいかけてほぼ全部見ました。

これは広い意味で、「プロジェクトX」や「ホコタテ」のようなリアルバラエティ番組です。
志願者が自分のやりたい事業・願望を、番組中で「虎」と呼ばれる数人の実業家の前でプレゼンし、
虎達が、自腹で事業に対する出資金を出資するか否かの判断を下します。
出資予定額の合計が、志願者の希望金額に到達すれば「マネー成立」となり、
志願者は虎達からの出資金を獲得でき、机に並べられた現金を持ち帰れる、というものです。
ただし、虎達の出資予定額の合計が志願者の希望金額に1円でも到達しなければ「マネー不成立」となり、
志願者は虎達からの出資金を一切受け取れません。

志願者は、基本一般人(年齢制限はあった)ですが、
今世界的に話題になっている、ピコ太郎(古坂和仁)もイギリスでバンドデビューしたい、という企画で出演していました。
結果はノーマネー(出資不成立)でしたが(笑)

また、出資額ついては、上限がないが、
一方で志願者のプレゼンテーションに関して、虚偽が一つでもあったり、態度が悪かったり、
起業計画に甘さがあったりすると、虎達は激烈な非難を浴びせ、
最悪の場合、激怒した虎が本番中に退席してしまうことさえありました。

また、この番組のフォーマットは日本での放送終了後も海外に輸出され、イギリスで番組化されたほか、
オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、カナダ、オランダ、フィンランドなど
世界25ヶ国でリメイクされ各国版が製作・放送されました。
アメリカでは「Shark Tank」のタイトルで番組化されており、
米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する、テレビに関連する様々な業績に与えられるエミー賞で、
リアリティ番組部門の最優秀作品賞を受賞しています。

尚、この番組では、虎達にはギャラは支払われておらず、
交通費、食費、宿泊費などの費用も、すべて虎達の自腹となっていたそうですが、
どこまでが真実で、「やらせ」は無かったのか・・・というところは分かりません。

ちなみに虎として出演していた主なメンバー(一部ですが)は下記のような方々です。

小林敬(株式会社小林事務所代表取締役(出演当時)、年商65億)
高橋がなり(ソフト・オン・デマンド株式会社代表取締役(出演当時)有限会社国立ファーム代表取締役(現在)、年商78億)
堀之内九一郎(株式会社生活創庫代表取締役、年商102億)
安田久(株式会社エイチ・ワイ・ジャパン(株式会社エイチワイシステム)代表取締役(出演当時)、年商18億)
貞廣一鑑(株式会社ラヴ(現:株式会社商業藝術)代表取締役CEO、年商25億)
南原竜樹(オートトレーディングルフトジャパン株式会社代表取締役、年商55億)
加藤和也(株式会社ひばりプロダクション代表取締役、年商非公開)
川原ひろし(なんでんかんでんフーズ株式会社代表取締役、年商6億)

さて、私は会社を3回替わっていますが、根っからの技術屋で、
35年間務めた最後の会社を退職するまで「ものづくり」一筋できました。
肩書はともかく、少なくとも事業家・経営者ではなかったということですが、
この番組の志願者のように、技術者として新しい「コト」、新しい「モノ」をつくりたいという気持ちはずっとあり、
実際何度かはトライしましたが、正直なハナシ事業としては一度も成功しませんでした。

理由はたくさんあり、言い訳になりますが、
経営トップに対するプレゼン能力が低かったというところも大きかったと思います。
という立場からもこの番組にはたいへん惹かれ、興味深く、思うところがたくさんありますが、
資金を獲得できた志願者の事業は成功したのか?
ノーマネーで終わり、資金を獲得できなかった志願者はその後どうなったのか?
そもそも、志願者にあれだけ大きいことを言っていた実業家達自身の会社はその後どうなったのか?
ということにも興味を惹かれます。
これはあまりにも長くなりますので割愛しますが、
興味のある方は「マネーの虎」で検索していただければ驚くような事実が分かります。

虎と呼ばれて、成功者という扱いの実業家についてですが、
確かにTV向きの面白く個性が強いメンバーを揃えてはいますが、
前出の事業内容を見て分かるようにほとんどが中小企業の社長レベルで、
年商も個人差がありますが数億~100億の範囲です。
これは、私が居た会社と概ね同じような規模です。
例えば、年商1000億組の堀江貴文が虎の席にいたらどんな展開になったのか興味深いところです。

口では志願者が立ち直れないくらいボコボコにする虎達も、
実は事業計画書より志願者の人間味を優先したり、
プレゼンテーションの下手な志願者に好意的であったりして、
それも面白いところです。
例えば、番組史上最もプレゼンが下手と言われ、
「ハンドメイドの高級で低価格の家具」で挑んだ志願者の回も興味深い内容でした。

ただ、私自身の成功者ではなかった経験上今思うのは、
「誰もまだやっていないことをやれ」
「夢は持ち続ければ必ず叶う」
「成功するための唯一の方法は成功するまで諦めないことだ」
という、この番組に限らず松下幸之助・本田宗一郎のような人達でさえ言う言葉ですが、
個人が新規に起業するビジネスという側面からみればこれらは必ずしも正しくないと思います。
まあ、読み物としては面白いのですが・・・

長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂き有難うございました。
comment (0) @ ビジネス

斎藤吾朗アトリエ

2016/10/26
このブログでも紹介したことがありますが、ダヴィンチのモナリザ公認模写で知られ、
私が最も尊敬する画家のひとりである斎藤吾朗さんの公式サイトができましたのでリンクさせていただきました。
興味のある方はビジュアルリンクの1番上からご覧ください。

ちなみに下の画像は私のダヴィンチ(最後の晩餐)で、今年の浜松美術協会展へ出した作品です。
FullSizeRender [198130]
comment (0) @ アート

今日、会社が倒産した(増田明利)

2016/10/10
FullSizeRender[63]

聞いたことがあるようなタイトルですよね。
実はこのブログを立ち上げた最初の頃に紹介した「今日、ホームレスになった」と同じ、
増田明利さんの著書で、最近文庫本になった本です。

増田さんは他にも「今日から日雇い労務者になった」、「今日からワーキングプアになった」、
「今日、派遣をクビになった」などの著書があり、
いずれも、それは他人事ではないと現代社会に警鐘を鳴らしています。

会社が倒産に至る状況というのは、
テレビドラマでは罵声が飛び交ったり、社長が土下座して謝ったり、いわゆる修羅場の場面を思い浮かべますが、
実際には弁護士が事務的に作業を進めていくという感じのようです。

この「今日、会社が倒産した」では、会社が倒産し、失業した16人の人生を紹介しています。
面白いのは、著者の増田さんは、16人の転落人生を取材に基づいて淡々と紹介しているだけで、
「もっとこうすれば良かった」というような前向きな意見を何も述べていないことです。
これは他の著書(シリーズ本)も概ね同じです。

そもそも、このようなノン・フィクションに登場する人物というのは普通は成功者であり、
失敗者はせいぜい脇役で登場するぐらいですが、
増田さんは失敗者ばかりを主役に取り上げ続けています。
登場する方々には大変申し訳ない言い方ですが、この切り口は面白いと思います。
comment (0) @ 私が読んだ本

ジムニーが納車されました

2016/10/07
9月の終わりに予告通りジムニーが納車されました。
「ランド・ベンチャー」という特別仕様車で、
自衛隊みたいな車体色はこの「ランドベンチャー」のみに設定がある「クールカーキパールメタリック」という色です。
そういえば、私が初めて乗った輸入車、アウディもこんな色でした。
IMG_1470[55]

このホイル、どう見ても社外品に見えますが、ランドベンチャーはこれが標準です。
軽自動車としてはビッグサイズの16インチ。
タイヤはヨコハマのジオランダーM/T+で、純正サイズの175を履いています。
ボデイは30㎜だけリフトアップ、トレンド通りの「ちょい上げ」です。
IMG_1486.jpg

このゴツゴツ感がたまらないです!(笑)
動き始めと停止直前はゴゴゴゴゴッという音がしますが、走行中のタイヤノイズはほとんど聞こえません。
あと、この画像に写っているマフラーも地味ですが社外品。
鈴鹿にあるMRSというバイクのマフラーをたくさん製造している会社の製品です。
楽天でのインプレッションはものすごくよかったので決めたのですが・・・
音色的には重低音ながらかなり音量を抑えた車検対応マフラーです。
IMG_1468[38]

ガソリンはレギュラー。
長い間ハイオクのクルマばかり乗っていたので、給油のたびに意識するようにステッカーを貼りました。
まあ、何をやっても間違えるときは間違えるんですよね。
IMG_1476[60]

当初タイヤは185の予定でしたが、はみ出しで車検に通らないとのことで純正サイズにしました。
この角度から見るとまだ余裕に見えますが。。。
ただ、ジオランダーM/Tの185を履くとタイヤハウス内の干渉や、メーター誤差などの問題はありそうです。
IMG_1477[46]

内装は豪華です。
と言っても昨今のハイトワゴンなどと比べれば大したことはないのですが、
必要なものはしっかり付いていて、
いらないものは付いていないということがはっきりしていて好感度高いです。
最上位グレードなのに標準ではラジオも付いていないという割り切り様です。
IMG_1474[41]

センターコンソールにはラジオがない代わりに2DIN分の空きスペースがあり、
そこにオーディオ一体のナビを付けさせるというスズキの作戦には乗らず(笑)、
空きスペースはオーディオのみとし、ナビは前に乗っていたロメオと同じAピラーの手前に付けました。
ちなみにナビはパナソニックの5インチ・ゴリラです。
IMG_1494[39]

実は事情があり今回のジムニーはマニュアルではなくATです。
で、雰囲気だけでもレーシーにしたくてペダルをゴムからアルミに変えました。
左上に見えているのはETCですね。
IMG_1473[57]

ピアノブラックのセンターコンソール。
2DINの上半分にクラリオンのオーディオを入れ、下半分はあえて空きにしてあります。
IMG_1504[42]

センターコンソールの下の部分には空調関係の操作類が配置されていますが、
一番下中央の2WD~4WD~4WD-L手動切り替えの3連スイッチ、これこそジムニーの最大の武器です。
確か、以前はメカのレバー式だったはずですが今はスイッチになっています。
まあ、浜松でこれが役立つことは滅多になさそうですが(笑)
IMG_1501[53]

以上、外観とカスタマイズ中心の勝手インプレッションでした。

走りの方は当然ながらロメオと比較すれば、
高速直進性、追い越し加速、横風の影響、疲労感(シートの出来)など完敗。
まあ、このクルマにオンロード性能を求めても仕方ないのですが、
街乗りにおいてはパワー不足でストレスを感じるようなことはほとんどありません。

外観と同じく、運転してもチョロQのようで、ハンドルを握っていて楽しいクルマです。
comment (0) @ クルマ

がん検診

2016/10/06
会社に行っている間は定期的に検診があるのであまり気にしていなかったのですが、
離職すると自分から進んで検診に行かないとつい先延ばしになり行きにくくなります。
ということで、市役所から案内が来ていた結核・肺がん、大腸がん、胃がん、前立腺がんの検診に行ってきました。

IMG_1455[36]

実はこの中で胃がんの検査は例の胃カメラが大の苦手で、
正直な話これだけは受けたくないのですが(もちろん、他の検診も好きではないです笑)
私がまだ10代のときに父親が胃がんで亡くなっているという「がん家系」なのでこれを外す訳にはいかず・・・
ただ、今回は口からではなく鼻からカメラを入れるという方法でお願いしたところ、
かなり楽で、カメラが入って行く画像をじっくり見る余裕もありました。

結果は全て問題なし。^^
とりあえず、毎年忘れないように誕生月に検査するように習慣付けたいと思います。
comment (0) @ 日記

一水会展

2016/09/27
ほとんど誰にも言わなかったのですが、今月の初めに「一水会」という公募団体に出品し、
目標にしていた初出品入選を果たしました。
この「一水会」というのは日展系の団体の中でも、具象画の本流の会で、
78年という伝統があり、非常にデッサン力のある実力者が集まっている会だと思います。
公募展は約20年ぶり、しかも日展系の会は初めてということで、いろいろな面で驚きでした。

展覧会の会場は上野の東京都美術館、会期は10月2日までです。

IMG_1449[7196902]

去る9月22日には会場近くの精養軒(たぶん日本最初の洋食レストラン)で行なわれた懇親会に出席しましたが、
500人ぐらいの方が出席し、下の画像一番奥にあるステージでヴァイオリンとピアノの演奏や、
私を含め初入選者の自己紹介があるなど、過去に出展していた公募展とは一線を画するものでした。(大汗)

IMG_1447[7196893]

で、これが私の入選作で、「林檎(ニュートンの宇宙)」というタイトルです。
得意なリンゴをモチーフにしてはいますが、静物画というジャンルにとらわれず、
風景画でもあり、また本質は人物を表現している絵です。

IMG_1435 (2)

基本的に「一水会」は、人物・風景・静物の具象絵画の会ですが、
あえてこの会の方々が描いていないような絵で挑戦しました。
懇親会では諸先生方のお話を聞くことが出しましたが、
まあ、一定の評価をいただきましたので、しばらくはこの路線でチャレンジしていくつもりです。
comment (0) @ アート

11年ぶりに車を替えました

2016/09/09
3年ほど前に「人生最後に乗るクルマ」というタイトルの記事を書きました。
その時は私自身が人生最後に乗りたいと思うクルマの候補として、
スマート・ロードスター、ナロー・ポルシェと共に軽自動車のホンダN-1を挙げたので、
アレッと思った方がいたと思います。
ホンダZから始まり、コスモ・クラウン・グロリアまで乗った後、
長年欧州車を乗り継いできたので、まさか軽に戻るはずはない・・・ということですよね。
まあ、「人生最後に乗るクルマ」かどうかは別として、ロメオから乗り換えたクルマは・・・
これです!!!

img01.jpg

ジムニーですね。
しかも、シエラ(白ナンバー)ではなく、660の軽の方です。
まだ納車されていませんので、画像はカタログのものですが、色も含めてほぼこの画像通りです。
「ランドベンチャー」という特別仕様車ではありますが、ほぼノーマル。
唯一の違いはタイヤを標準のH/Tタイヤから、ヨコハマのM/Tタイヤに替えたぐらいです。

もちろん、これは積極的な選択で、株で大損した訳ではありません。(笑)
ジムニーを選んだ理由はこんなところです。

●会社を辞めたことでクルマに対するステータス的な見方や配慮が全く不要になり、
本当に欲しいクルマが見えるようになった。

●アメリカ・ネバダ州へ行ったときに、インディアンが馬ではなくジムニー(サムライ)に乗って、
山道を駆けるのを見た時から実は少し憧れていた。

●自転車が積めること。但し、「積める」という意味は必ずしもウエイクやN-BOXのように、
室内が大きく、立てたまま楽に室内に入るという意味ではない。

●18年間モデルチェンジをしていないモデル末期(2017年の春にFMCの噂あり)の古い設計ながら、
運転して楽しく、今ではほとんど無くなった「ラダーフレーム構造」を貫いている。

●この動画にやられた(笑) → 関東大雪!ジムニーが牽引した車とは

というところですが・・・
それにしてもアルファ・ロメオ、好きな車だったとはいえ、11年とはよく乗ったものです。
もちろん自己最長記録です。
comment (0) @ クルマ